死亡保障額を見直しましたの詳細です。

死亡保障額を見直しました

"私の友人が、ジブラルタ生命の保険の外交員をしているのでその人に見直しを進められて考えました。
保険に入った当初は、収入から考えて保険料は10000円くらいまでしか支払いができなかったので、死亡した時に必要最低限必要な額(500万円)の保険に加入しました。
でも、これじゃ少なすぎるしいつかは見直ししないといけないなと考えていました。
それから、数年たちこのままではいけないなと感じ、友人からも勧められたこともあり、保険の見直しをすることにしました。
希望としては、定期ではなく終身タイプで死亡保障が2000万円くらいの保証があれば…と考えていましたが、それだと保険料が毎月20000円くらいかかってしまうので、我が家の家計には大きすぎる負担だったので考え直しました。
保険の外交員である友人と、考えた結果やっぱり定期で死亡保障2000万円つけてだったら、考えている予算の範囲内ですむことがわかったので、主人と相談してその保険に加入することにしました。"

暮らしに役立つ情報源